相当の地代を支払う場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

他者所有の土地を借りて
その上に建物を建てた場合

その他者所有の土地について
建物所有者においては、借地権が発生し

土地の更地価額に借地権割合を乗じた金額を
借地権を相続財産として計上しなければならないが

土地の所有者が個人で

その個人に対し相当の地代を支払っている場合は

借地権の計上をしなくてもいいとされている。

相当の地代が支払われており、
その借地権の設定に際 し権利金を支払っていない場合又は
特別の経済的利益を供与していない場合の
その土地に係る借地権の価額は、
零として取り扱うこととされています

ただし、借地人が会社で

貸主がその会社の同族株主等となっている場合

その会社の
株式等の価額を純資産価額で計算する場合に

会社が所有する借地権は:

自用地価額の20%

(1-80%)で評価する

相当の地代=

自用地価額

(相続税評価額の過去3年間の平均)×6%

Follow me!

埼玉県さいたま市大宮区の 格安親切な税理士

格安料金と高品質税理士業務埼玉県さいたま市大宮区税理士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です